子どもと自分のこと

離婚と昼逃げ準備

読者
実際に離婚の準備って何からしたらいいの…??

昼逃げって、旦那にバレずにできるの?

さち
モラハラ旦那から逃げるのに、一番大事なのは前準備!!

私が実際にやった準備を話すね。

本記事の内容

  • まずは弁護士無料相談
  • つぎに法テラス
  • 弁護士さんの決定
  • 引っ越し準備
  • 職場や子どもの学校への報告

まずは弁護士無料相談

まず、一番最初にしたことは、

市が主催している『市民相談コーナー』

これは、市役所で開催されていることが多いです。

相談内容により、日時が指定されている場合もあるので、

お住いの役所で確認してみることがいいと思います。

暴力って・・・??

わたしが今でも覚えているのは、

弁護士さんに『暴力って、どこからが暴力ですか?』

と、アホな質問をしたことです😂

『暴力は暴力ですよ』と、当たり前の返答が返ってきました(笑)

旦那に暴力をふるわれた後は決まって

『これは暴力じゃない!!』『こんなの暴力のうちに入らん!』

と怒鳴られていたため、

いったいどこからが暴力なのか判断がつかなくなっていました。

今思えば、完全に洗脳されていたんだなぁと思います。

無料相談は、当たりはずれがある

無料相談は無料のため、

親身になって相談に乗ってくれる弁護士さんもいらっしゃれば

そうでない弁護士さんもいらっしゃいます。

私が相談した方は後者でした。

そして、別の弁護士さんを探すことになりました。

さち
ちなみに、そのあと地元の無料相談にも行きましたが、

その時はあたりで、とても親身になって相談に乗っていただきました。

弁護士さんによってはいろいろな対応があります。

つぎに法テラスで相談する

法テラスとは

『国によって設立された法的トラブル解決のための【総合案内所】です』

もちろん、【離婚】についても相談に乗ってくれます。

どのようにこうどうすればいいのか【道案内】をしてくれるイメージです。

そして、とてもありがたいのが

経済的に困っている人に対し

弁護士や司法書士との無料相談や、

弁護士や司法書士に事件の解決を依頼する場合の費用の建て替えも行ってくれます!

法テラスのHPはコチラ→法テラス

さち
私も最初の離婚調停の際は、建て替え制度を利用して弁護士さんに依頼したよ!

毎月の返済額については弁護士さんと相談して決めました。

実際に相談に行く

まずは電話で、離婚を考えていることや、

DVやモラハラで困っていることを相談しました。

そして、実際に法テラスへ行き、具体的な内容を話し、

相談できる弁護士さんを紹介していただきました。

弁護士さんの決定

法テラスを通して、弁護士さんに依頼することを決定。

今まで合計5,6人の弁護士さんに相談してきましたが、

本当に新味になって、私の状況を理解してくれたいい弁護士さんに巡り合えたなぁと思います。

法テラスを通していたため、費用は毎月決まった額を返済することに。

毎月の返済額も弁護士さんと相談して5,000円に決めました。

どのように離婚するのか

DVモラハラ旦那のため、

普通に話し合いで離婚ができるとは考えにくく・・・。

弁護士さんと相談した結果がこちらです。

離婚するための準備

  • 離婚の話し合いはしない
  • バレないように昼逃げをする
  • 昼逃げの後は一切の連絡を絶ち、すべて弁護士さんに任せる
さち
弁護士さんに依頼するには約20万円程度かかりましたが、

こうやって色々決めてくれたことや、

昼逃げすること、

そのあとに連絡を取らないで良いことが

本当にありがたかったです。むしろ安いくらいでした。

昼逃げして以降、今まで一度も電話もラインもメールもやり取りしていません!

私が思うに、

モラハラ旦那から逃げるにはこの方法が一番いいと思います!!

引っ越し準備

弁護士さんと相談して、沢山やることは決まりました。

その中でも、準備に時間がかかったのは引っ越しの準備です。

まず、昼逃げした後どこに住むか?

これは、私の場合は実家に決めました。

決めては片道車で4時間はかかるくらい遠く離れた場所であること。

また、私と子ども4人が生活できる広さがあること。

母一人が住んでいる実家だったので、本当にありがたかったです。

沢山のモノたちとのお別れ

一度にたくさんの荷物を家から出したら

当然バレます。

なので、必要だけど家から出してもバレないようなものだけ持っていくことに決めました。

かなりたくさんの大切なものを置いてきたと思います。

それらを手放す覚悟も必要でした。😢

引っ越し業者さんとの相談

昼逃げのことや、自分の状況を、引っ越し業者さんにも相談しました。

結果、少しずつ荷物を運び出し、

置かせていただけるスペースを作ってもらえることに!

1か月かけて、必要なものをちょこちょこと運び出しました。

主に子どものモノ。

それから自分のモノ。

台所やキッチンにおいてあるモノは持ち出すとバレる恐れがあったため、

泣く泣く断念したものも多くありました。

子どもの長期休暇時期がおすすめ

子どもが小学生と保育園児だったため、

ちょうど長期休暇の時期に準備しました。

荷物を1か月ほど預けていても不便のない時期で助かりました。

職場や学校への報告と退職

当時、昼のパートと夜中のバイトを掛け持ちしていたため、

両方の職場に事情を説明。

恥ずかしかったですが、私が昼逃げした後に

モラハラ旦那が職場に来てご迷惑をかけることが考えられたため

また、旦那に連絡がいってバレることを防ぐために

きちんと説明しました。

さち
職場の人は皆さん心配してくださり、バレるようなことは一切ありませんでした。

子どもの学校、保育園にも報告

小学校と保育園にも報告。

とにかくモラハラ旦那にバレることがないよう、

報告したのは小学校の担任の先生、教頭先生と、保育園の園長先生のみ。

子どもたちにも申し訳なかったのですが、

友達とのお別れもさせてあげることができませんでした。

長女へ話す

当時、長女は中学1年。

話してもある程度理解ができる年齢でしたので、

二人でカフェに行き、離婚すること、遠く離れた場所へ転校することを話しました。

さち
今でも二人で泣きながら話したことを覚えています。

この時が一番つらかったです。

また、『最近お母さんの態度、かわったなぁって思った』

と、離婚を決意した後、私の態度が変化したこともわかっていました。

離婚準備と昼逃げの準備はばれないようにするのが最重要

こうやって、私の昼逃げ準備は着々と進んでいきました。

とにかく、モラハラ旦那にバレないようにすることが一番重要。

引っ越し業者や職場、学校など、必要最小限の人にしか報告しないこと。

また、自分の友人も信頼できる人2人にしか報告しませんでした。

そして、とうとう昼逃げ実行する日がやってくるのです。

  • この記事を書いた人

さちぺい

【子どもも自分を大切にする生き方】
DVモラハラ旦那と別居後
離婚調停、離婚無効裁判、離婚裁判などを
乗り越え8年半後にやっと離婚が成立。
しかし離婚無効により総額800万越えの借金抱えるハメに。
お金の管理、家計簿を学び
本気家計簿を作成し
爆速で借金返済中!!
子どもは3人(長女は自立)
36歳で国立大学進学→看護師
2回鬱になり人生どん底を経験。
現在はWeb関係で独立。

趣味はバイクツーリング。

-子どもと自分のこと