お金のこと

コインチェックで仮想通貨ビットコインを買ってみよう

読者
コインチェックに入金完了したけど、

これで仮想通貨を買えるの?

買い方難しそうでわからないから教えてほしい!

こんな風に悩んでる方、この記事を読むとコインチェックでの仮想通貨の買い方が分かりますよ。

この記事を読めばわかること

・コインチェックでの仮想通貨(ビットコイン)の買い方

・買った後はどうなるの?

・買った直後に値段が下がる理由

まだ口座開設されていない方はこちらからどうぞ!

コインチェック

口座開設方法はこちらから^^

6/30までに口座開設&1円以上の入金で2500円分のビットコインがもらえます!

コインチェックで仮想通貨(ビットコイン)を買う方法

さて、いよいよ仮想通貨を買ってみましょう!

まずは、ビットコインのアプリを開きます。

下のタブの『販売所』をタップすると、上の画面が表示されるので、右下の『購入』ボタンをタップします。

次にBTCの購入画面が開きます。

右上の黄色の下線を引いた値段が1ビットコインの現在の価格です。

この価格で、購入することになります。

赤丸で囲んだところに自分が購入する金額(日本円)を入力します。

すると、下の『日本円でBTCを購入』ボタンが緑になり押せるようになります。

ここで押すと購入完了です!!

さち
すごく簡単に購入することができましたよね。

私もあっけなく終わってビックリしました。(笑)

買った後はどうなるの?

ビットコインを買った後は、ビットコインの価格の推移によって、自分が投資した金額も変わります。

つまり、ビットコインの価格が購入時より下がれば、投資した金額は減ります。

購入時より上がれば、投資した金額は増えます。

さち
例えば、ビットコインの値段が100万円の時に100万円投資し、1BTC購入します。

その後、ビットコインが200万円になれば、投資した100万円が200万円となります。

しかし、10万円に下落すれば、投資した100万円は10万円になります。

投資はリスクがつきものですので、余剰資金で挑戦するようにしましょう。

買った直後に値段が下がるのはなぜ?

結論から言うと、【スプレッド】と言われる、仮想通貨取引所の手数料のようなものです。

仮想通貨取引所では、仮想通貨を買うことだけでなく、売ることもできます。

そして、仮想通貨取引所では「売値」と「買値」の差があります。

その差を【スプレッド】と言います。

取引所はスプレッドがあるため、「手数料が高い」と言われます。

しかし、初心者は取引所での取引をおすすめします。

なぜなら、コインチェックのアプリの操作が簡単、見やすいからです。

これは初心者にはとても重要で、見にくいと途端にわかりにくくなり操作しにくくなります。

操作しにくいと、自分のお金の管理ができにくいということにつながるので、

まずはコインチェックでの取引で、チャートの見方や買い方、売り方になれるのが一番かと思います。

また、長期的な投資の場合、スプレッドはあまり重要視しなくてもいいかと思います。

なぜなら仮想通貨は値動きがとても激しいからです。

スプレッドくらいの値動きは数日、もしかしたら数時間で簡単に動きます。

ですので、長期保持する場合はそこまで気にすることもないかと思います。

まとめ

コインチェックでの仮想通貨の買い方、とっても簡単だったと思います!

また、買った後は仮想通貨の値段の動きにより、自分が投資した金額も動きます。

そして、買った直後は自分が投資した金額は減りますが、それはスプレッドのためです。

これをより少なくしたい場合は、取引に慣れた後に、販売所での取引に挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

さち
私が実際に仮想通貨を取引しているのはCoincheckです。

コインチェック

ここまでお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人

さちぺい

【子どもも自分を大切にする生き方】
DVモラハラ旦那と別居後
離婚調停、離婚無効裁判、離婚裁判などを
乗り越え8年半後にやっと離婚が成立。
しかし離婚無効により総額800万越えの借金抱えるハメに。
お金の管理、家計簿を学び
本気家計簿を作成し
爆速で借金返済中!!
子どもは3人(長女は自立)
36歳で国立大学進学→看護師
2回鬱になり人生どん底を経験。
現在はWeb関係で独立。

趣味はバイクツーリング。

-お金のこと