お金のこと

【簡単】ブロックチェーンをわかりやすく解説【初心者向け】

読者
仮想通貨をやっていると

「ブロックチェーン」ってよく聞くけど

簡単にわかりやすくおしえてほしい!

ブロックチェーン、よく耳にする言葉ですね。

今回は、ブロックチェーンについてわかりやすく要点をまとめました!

 

ブロックチェーンってナニモノ?

結論から言うと、ブロックチェーンとは

さまざまなモノを仮想通貨として表現できる、改ざんできない技術です。

具体的に言うと

お金は、正しく仮想通貨として表現しています。

土地は、それ専用の仮想通貨を新しく発行することでブロックチェーンで管理することができます。

つまり、理論上ではすべての資産をデジタル上で管理することが可能なのです。

日本語では(分散管理台帳技術)という

さち
漢字が長すぎてわかりずらいですね・・・。

どういうモノか、簡単に説明すると

ノード(コンピュータ)に、取引データを単位ごと(ブロック)にまとめて記録し、分散して管理する技術のことです。

ブロックが時系列につながっている(チェーン)ことから、ブロックチェーンと呼ばれています。

特定の管理者が存在しない

特定の管理者が存在しないのもブロックチェーンの特徴の1つです。

どういうことかというと、特定の管理者ではなく、マイナー(またはノード)と呼ばれるマイニングを行う人たちが管理しています。

さち
マイニングについては、またちょっと難しくなるのでここでは「そういうものなんだな」と考えてもらった方が簡単です!

 

改ざんが困難

先ほどもお伝えしましたが、特定の管理者が存在しないということは、

マイナーという不特定多数の方たちが管理者ということになっています。

読者
不特定多数が一致団結してハッキングをする可能性はないの?

膨大な人数のマイナーが、1つの資産データを保有しています。

つまり、改ざんをしたとしても、他のマイナーと照らし合わせてすべて一致していなければ排除されます。

さち
結果、改ざんは非常に困難ということですね~!

 

壊すこともできない

ブロックチェーンには、資産の改ざんを防止する仕組みのほかに

壊すことができない仕組みもあります。

どういう仕組み化というと、

ブロックチェーンそのものを同時に破壊しなければ壊すことはできません。

世界各地に散らばっているノード(パソコン)を同時に壊すことは物理的に無理ですね。

なので、ブロックチェーンを壊すことは不可能ということになります。

 

まとめ

今回の記事では、ブロックチェーンについてわかりやすく簡単に解説しました。

ブロックチェーンの特徴をまとめると

  • さまざまなモノを仮想通貨として表現する技術
  • 特定の管理者がいない
  • 改ざんできない
  • 壊すこともできない
さち
ブロックチェーンは生まれたばかりの新しい技術です。

しかし、将来性に期待されていて今とても注目を浴びている技術でもあります。

 

仮想通貨をやっているとよく聞く言葉、ブロックチェーンについて

わかりやすく簡単に解説してみました。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人

さちぺい

【子どもも自分を大切にする生き方】
DVモラハラ旦那と別居後
離婚調停、離婚無効裁判、離婚裁判などを
乗り越え8年半後にやっと離婚が成立。
しかし離婚無効により総額800万越えの借金抱えるハメに。
お金の管理、家計簿を学び
本気家計簿を作成し
爆速で借金返済中!!
子どもは3人(長女は自立)
36歳で国立大学進学→看護師
2回鬱になり人生どん底を経験。
現在はWeb関係で独立。

趣味はバイクツーリング。

-お金のこと